#キャニオニング

渓流クライミングの区別

キャニオニング、シャワークライミング、沢登りは、どれもよく似た意味の使い方をされていますがそれぞれ違うものです。ギアは共通するものが多いです。

沢登りとは

沢登りは元々は日本で始まった登山ルートの取りかたの一つでした。山を登っていくときに、普通の登山道ではなくて道無き道で登って行きたいと思う人が登山ルートの一つとして沢を選んだのが始まりです。山を登るのが主な目的で、沢を移動するのはその手段の一つです。

シャワークライミングとは

キャニオニングは滝や沢を下って遊ぶことを目標にしていますが、シャワークライミングはクライミングの名が示すとおり、登りを楽しみます。普通のクライミングと違い「シャワー」というくらいですから、沢の中の岩や滝を登っていきます。

キャニオニングとは

英語のキャニオン(渓谷)という言葉が元になっています。渓谷の中で遊ぶことの総称です。川のように平らな地形を流れている広く深い場所ではなく、山肌の斜面の細く浅い渓流が主なフィールドになります。滝を滑ったり、滝壷に飛びこんだりなどして水と戯れます。

関連する記事

    16 商品

    \Follow Me/

    見ているだけで楽しい公式SNSを毎日発信中
    カシオ プロトレック ペツルコラボ クライマーウォッチ

    ★セール ★会員限定セール ★Fiveten50%OFF ★予約受付中 ★一点もの ★コンペ備品 国体山岳競技 ★ターザン×グッぼる ★ロクスノ×グッぼる ★グッぼるオリジナル ★アウトドアコーヒー ★クーポン一覧 ★ロングライン ★クライミングシューズを特徴から探す ★ハッシュタグ
    ログイン マイアカウント 新規登録
    ご利用ガイド お問い合わせ メルマガ登録解除 返品・交換・試履き交換無料 予約・取寄せ・同時購入