スタッフ紹介

satoko yui
エグゼクティブマネージャー・カフェcrucrowシェフ

一応、グッぼるの最高総括責任者なんです。グッぼるのカラーイメージや店内/展示イメージを決めています。またcafé crucrowの土日FoodsやSweetsも作っています。初級〜中級の課題セットもチョイチョイやっています。etc....

クライミングや登山に出会ってから私の人生は変わりました。今は、地球の作った作品(課題)たちに今の自分全部で挑戦するという事が楽しくて誇らしくて仕方ありません。目の前の問題を見つけ改善の努力を繰り返し解決する。その過程において人は老若男女必ず心技体共に成長します。そんな奥深いクライミングや登山の世界を一人でも多くの人に知ってもらうことで、何かその人の人生の進め方のヒントになれば良いなぁ、と思っています。今のところクライミングにおける目標は、常に動けるカラダをKEEPし80歳になっても「次は〇〇岩の〇〇が登りたい」と貪欲に登り続けていることです。



tatsumi yui
プロダクトマネージャー・インストラクター

グッぼるのコンセプトを大まかに決めております。仕事内容は、

ホームページ作成、お知らせ更新

オンラインショップ設計、商品登録コメント

SNS管理、Facebookページ、Twitter、Instagrm、googlePlus

経理、顧客ソフト、レジシステム

商品仕入れ、トレーニング指導、壁セット

などなど、今までの経験を活かしていろいろやってます。モットーは「仕事は20%以内のチカラでやる」です。あまり働いても良いことはおきません。自由に時間を作り調子のいい時にチカラを出し、効率よく働く。誰にも遠慮せずおもいっきり遊ぶ。役に立つことは役に立たないことのためにあると思っています。得意なことは「仕組みを理解する」こと。かなり複雑な物事の作りや構造をパーツに分解し仕組みを理解すると楽しいことがいっぱいある。だからなんでも経験し理解したいと常に思っています。

目標は「業務を複数同時に進行させる」こと。ある程度時間をかけ同時多発的に進めるのが良いアイデアを生むように思います。その方が遊ぶ時間を作れるからです。要はいかに遊ぶか。結局は楽しんだもんが勝ちです。



kakeru takino
ITマネージャー・スラックラインインストラクター

スラックラインにより人生が変わり、縁あってグッぼるで修行中です。スラックラインもクライミングも店舗の経営もすべてが勉強の毎日。グッぼるで結成した「グッぼるスラックライン」というチームでスラックラインの普及を目的とし、イベントの参加や野外での体験会を通して少しずつ活動の幅を広げています。屋内外のスラックライン出張体験請け負います。お気軽にご相談ください。出張イベント問い合せ http://goodbouldering.com/contact

自身の当面の目標はロングラインの100m完歩。いずれはワールドレコードにチャレンジしたいです。

中学、高校、大学と情報工学を学んでいたこともありプログラミングが得意。スマートフォンのアプリプログラミングはAndroidもiOSも製作公開の実績あり。「無いものは作れる」ところがプログラミングの魅力です。資格を取るのがかなり好きで、電気工事士という硬派なものから昆虫検定、星空宇宙天文検定など耳慣れない資格まで20個以上各種持っています。特に役に立たないからこそ、人と違った世界を知ることができるため高校時代から継続して取り組んでいます。



ryo muraguchi
パフォーマンスマネージャー・チーフセッター

グッぼるで働きながら5段を目指している4段クライマー。

2015年1月より勤務。ボルダリングに限らずクライミングをあらゆる角度から勉強中。グッぼるでのコアな経験を活かしてドンドン新しい事に挑戦していきます。

クライミングはいろんな意味で自分をより高めるもの。その為には幅広い知識や実績を積まないといけないと感じています。今の目標は「少しでも前に進める」です。



ryohei kameyama
インターンクライマー

今年度の大学を休学し、グッぼるスタッフに加わらせて頂けることになりました。クライミング歴は12年になりますが、そのほとんどがコンペが中心で動いてきました。先日のスイス・イタリアツアーで「岩で登りこむ」経験をし、今まで自分に無かったことを感じるきっかけになりました。また、ツアーで岩の目標ができました。

Gioia sit-start 8c+。

この岩に再び挑むためにも、この1年は世界の岩で登り、今までとは違う環境でもっと上手くなりたいと思っています。皆さんよろしくお願いします!




無断転載はご遠慮ください。 ●OGP