カフェメニュー

ホットドリンク

エスプレッソ

210円

空輸したナポリ豆7gを加圧し30ml抽出したコーヒー。甘みのあるたっぷりのクレマに、砂糖を浮かべ飲み干すのがナポリスタイル。エスプレッソの解説

ダブルルンゴ&ダブルアメリカーノ

420円

「ダブルエスプレッソは有るのになんでルンゴにはないの?」という多くのお声から生まれたダブルルンゴとダブルアメリカーノ。

深煎りの香り高いブラックコーヒーを波々たっぷりとマグカップで。

エスプレッソ ダブル

260円

空輸したナポリ豆を14g使用し倍の時間で抽出(60ml)したもの。ドッピオ(doppio)はダブルの意味。double espresso

カフェマキアート

310円

エスプレッソシングルショットに同量程のフォームドミルクを追加。チョコアートで仕上げます。

ホット 抹茶ラテ

430円

こだわりはコーヒー以上かもしれません。スチームしたミルクと抹茶のまろやかな口当たりが大人気です。京都宇治茶の老舗「芳香園」謹製、京都宇治産100%の高級抹茶を使用。ラテ専用に石臼で丁寧に挽くことで、10ミクロン以下の超微粒子となり、ラテにした時の口当たりが格段に良くなります。濃厚な抹茶の香りと渋みがクリーミィなミルクやバニラアイスと相性バツグンなんです。

大手コーヒーメーカーやコーヒーショップの抹茶ラテのように香料や甘味料そして水解け薬品を使った「抹茶風味のラテ」は始めから考えず、グッぼるらしい一流を目指し抹茶を探しました。最初の1年目は良い抹茶が見つからず断念。探すうちに取引先のコーヒー会社が開発に成功。京都宇治茶100%抹茶を溶けやすいように石臼で超微粒子にした「ラテ用高級抹茶」が手に入りました。40g挽くのに約1時間もかかる一般店には大変お高いものです。しかしおいしさと香り、そして安全性は納得のいくものでした。この添加物なし100%パウダーは茶道のお抹茶としても最高級だと聞き、泡立てには茶道で使う本物の「茶筅」を使いました。口当たりや香りの立ち方に独特な「品」のある泡となりました。それを高級エスプレッソマシンのフォームドミルクで包み込んでいます。今までに無い「最高の抹茶ラテ」の出来上がりです。

カフェ ルンゴ

310円

空輸したナポリ豆7gを抽出。時間を長くし60ml抽出したもの。後に残らない苦味が特徴。ドリップコーヒーよりコクがありブラックで飲める限界のコクが最高。ルンゴは英語のロングの意味。

カフェ アメリカーノ(ホットコーヒー)

310円

エスプレッソショットをお湯で割ったホットコーヒー。ルンゴよりもドリップコーヒーに近いさっぱり系。コクがあるのに飲みやすい日本人好みのコーヒー。

カプチーノ

370円

エスプレッソショットにスチームドミルクとフォームドミルクの両方を加えたイタリアの代表的な飲み物。エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルクの割合は1:1:1。カプチーノはカプチン教の帽子をあわらす。

カフェ ラテ

420円

カプチーノよりスチームミルクが多く入っています。エスプレッソでミルク感をたっぷり味わえるので女性にも人気です。

カフェ モカ

420円

エスプレッソ+スチームミルク+チョコレートシロップ・・・カカオの香りと味がまったり融合。飲めるスイーツ。

チョコチーノ(ホットココア)

370円

ホットココアのミルクをカプチーノと同じスチームしてフォームドミルクにしたカカオの香り高いココアです。ミルクの味わいが新鮮です。

普通のココアとはかなり違い、コクがあります。

ストレートティー・アールグレイ

360円

温かいセイロンティーをその場で抽出。

ルイボスティー

260円

南アフリカ生まれのルイボスティーは発酵茶。ノン・カフェインで茶葉自体にも精神を安定させる働きをもつ「モノアミンオキシターゼ」という物質が含まれているのでストレスや精神の興奮を鎮め、心地良い眠りにつかせてくれます。さらに活性酸素を除去する作用があります。

カフェ アフォガード

420円

バニラアイスにエスプレッソショットをかけたイタリアンドルチェの定番


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP
1