お知らせ

2016 / 10 / 29  18:34

たかが爪切りされど爪切り - クライマーの爪は大切。匠の技爪切り。

たかが爪切りされど爪切り - クライマーの爪は大切。匠の技爪切り

クライマーにとって爪は要です。ホールドを捉える指のチカラを十分に発揮するには、押さえつけられる幅のある爪が大切。爪の状態が悪いと保持力が落ちてしまいます。グッぼるではジム内の爪切りを最高級品に替えました。鋭利で優れた刃先はソフトな切れ味。切った爪が飛びません。従来の爪切りとは桁違い。クライミングに適した理想の「スクエアオフ(先端が平らで両端が長め)」の形が可能です。

2016 / 10 / 29  12:31

グッぼるメディア掲載情報 - しがトコ取材ありました

昨日は滋賀情報発信で有名な「しがトコ:滋賀のええトコ」の取材がありました。このサイトは滋賀の情報発信では一番人気、Facebookいいねも2万越え。レイアウトやコンテンツが本気で楽しい、滋賀人自慢のサイトなんです。

終始、「クライマー文化の良さと必要性」を少し粘っこくアピールしました。

近江八幡店は彦根店よりさらに滋賀カラーの出せるお店になりそうなので「しがトコ」訪問者にはぜひボルダリング体験から岩場へ繋がる面白さを知ってほしいと思います。11月初旬には記事になるのでお楽しみに。

しがトコ https://goo.gl/unbKPt

グッぼるメディア掲載情報 https://goo.gl/EOZHOq

2016 / 10 / 16  15:34

11/6(日) スラックライン練習会 in ことうヘムスロイド村

スラックライン練習会 in ことうヘムスロイド村

すっかり秋の気候となり、夜の寒さも厳しくなっているため今回は日中に練習会を実施します。最近の練習会はナイトが多く、ロングラインは視界の悪さからなかなか1歩を踏み出せない人も見受けられました。今回は視界良好なので安心してロングを楽しめます。もちろん一般の方、他チームや県外からのご参加もお待ちしております。ことうヘムスロイド村は125mラインが可能な場所もあり、管理者の許可も出ていて、今後のスラックライン活動に大変有効な場所となってきております。自己記録の更新にトライしながらこのゲレンデの保存にもご協力ください。※ことうヘムスロイド村でスラックラインを張るには許可が必要です。

・ロングライン 30m

・トリックライン 20m x 2

・歩行用ライン 1本

※ライン、マット持ち込み可

 

日時・・・11月6日(日) 12:00~17:00 ※雨天中止

場所・・・ことうヘムスロイド村(トイレ有り) https://goo.gl/maps/ZMfghD1poPB2

〒527-0102 滋賀県東近江市平柳町568 

持ち物・・・飲食物、タオルなど

集合・・・現地(駐車場あり)orグッぼる

申し込み・・・店頭もしくはWeb申込み http://goo.gl/9F4VTs

締め切り・・・11月5日(土)

  

ロングライン

トリックを競うトリックラインとは異なりロングラインは距離を競うものとなります。短いものでも30mくらいの長さとなり、使用するラインも1インチ(2.54cm)とトリックラインの半分の幅になります。テンションもトリックラインのようにラチェットは使用せずにレバーテンショナーやプーリー(滑車)を用いてテンショニングシステムを構築することとなります。今はロングラインセットを使用すれば誰でも100mクラスのロングラインを設置できるようになっていますが、バックアップを何点取るか、どこからとるかなど安全を確保するために考えるべき項目が多くそこを疎かにしてしまうと必ず事故が発生します。ロングラインは自己記録を更新していくところに面白さがあります。誰かの記録、自分の記録より1mでも先に進むことが目標となり距離が目指す長くなればなるほどロングラインの奥深い世界に惹きこまれていきます。昨年からトリックラインのように大会も開催されています。

2016 / 10 / 15  19:25

安八スカイウォールにスピードクライミング壁が完成

安八スカイウォールにスピードクライミング壁が完成

いつもリードクライミングの練習でお客様がお世話になっている「安八スカイウォール」にスピードクライミング壁が出来ます。オリンピック競技にもなっていて大注目の競技。日本には設備自体が数カ所にしかありません。グッぼるユースもこれから始めたいと興味深々です。10月完成予定です。しっかり練習して登ってみてください。

壁は旭金属工業岐阜安八工場内にあります。グッぼるでは普段からリードクライミングを始めたい方やロープワークを習得したい方をご案内しております。野外ですのでそれなりの準備が必要です。スピードクライミングは最低限の利用技術とクライミング経験がなければ体験できませんのでご注意ください。

安八スカイウォール http://goo.gl/EhHqkt

アクセスマップ https://goo.gl/maps/NVqPuCjUERx

2016 / 10 / 15  16:30

グッぼるMoonboard - LEDシステム導入+2016バージョン

LEDキットが到着。近日導入予定。

課題が光る「Bluetooth LED System」がグッぼるのMoonboardに組み込まれるのでご期待ください!お手持ちのスマートフォンアプリで登りたい課題を光らせることができます。アプリはダンロードしてユーザー登録するだけ。完登課題も新課題もクラウドに記録。ボルダリングにもIoTの新時代が到来。グッぼるスタッフも準備万端です。

Moonboardの全課題データ

グッぼる×MOONBOARD

世界のMoonboard

 

 

Moonboardアプリ利用手順

image.png  image.png  image.png  image.png

1.いずれかをダウンロードしてインストールします
   iPhone・iPad → Apple App Store https://goo.gl/x3NkV0
   Android → App store https://goo.gl/x5HQXj

2.アプリを起動したらMOONBOARDユーザー登録 - 適当に名前 - パスワードを入力

3.SETTING - CHOOSE HOLD SETUP - SetA+SetB+OriginalSchoolHolds を選択

4.USE MOONBOARD - JUST ME - BROWSE All PROBLEM - FILTER から課題選択

5.課題を選んだらMY LISTを作成。トライ中、練習課題、完登済みなど+でリスト追加

6.右フリップでリストから削除できます。次回はMY LISTを開けば保存課題が表示されます。

 

 

グッぼるMOONBOARDのポリシー

screenshot-www.moonboard.com 2016-05-08 23-36-25.png screenshot-www.moonboard.com 2016-05-08 23-32-54.png
●現在のセット:FULLSET(BESE+SetA+SetB) 課題228本6A~7C+
グッぼるMOONBOARDは一味違います。他では少ないコストは4倍のフルセットを採用。150個もの規格ホールドでムーブも多彩、手数も多くグレードにシンクロして核心のみを体験できます。さらに全課題をグレード順にプリントアウト。完登ノートで過去やライバルと比較。常設iPadで動画投稿もできます。※筋力とムーブをシンクロさせる事が出来る壁です。厳しい課題を何度も登るトレーニングが必須となりますのでかなり厳しく感じると思います。※近日、新セット※Moonboard2016の新セット公開されました。そろそろ変更を検討してたのでワクワクです。岩でもコンペでも「キレのある登り」を鍛えたいならMoonboardです。それだけはみなさん口を揃えて言われます。「反復と改善の繰り返し」。とても重要な上達の基本です。 

 

 

 

遠方からでも楽しめるグッぼるMOONBOARD

土日になるとMOONBOARDに挑戦するクライマーさんが増加中。県外からもMOONBOARDを目当てにご来店頂いてます。関西でフルセットはここだけ。200超の課題は岩のオフシーズントレーニングに最高との結果がすでに出ています。なぜがモチベーションが落ちないシステムに心拍計と合わせた「ゾーン管理」も楽にできます。一部課題をご紹介。今回はグッぼるスタッフのMcheckこと村口っちが初のMOONBOARDサイトに動画投稿。手始めに6aから。課題名はFry。


 

 

グッぼるは岩志向。130度壁はMOONBOARDだけ

130度の傾斜は「指を極度に強くして足切れをなくすムーブ」が優先され、単調で故障しやすい「フィジカル志向の筋力ムーブ」が避けられません。「筋力登り」となります。90度以下スラブでは、大腿筋による立ち込みちだけが強化され、背筋を使う傾斜が登れない「垂壁難民」が生まれてしまいます。いくら正しいムーブを習得しても、普段のメイン壁に対応してしまうのは当たり前です。真面目であればあるほど知らず知らずに壁に対応してしまい「得意不得意」を増やす結果になります。もちろん「偏りによる故障」が増えるのは当然です。動きを習得してから強くなる壁を作るには「癖のある壁」は邪魔なのです。グッぼるにはこの傾斜はありません。95度から115度。140度以上の長いルーフと3Dのリップで構成されています。自然に故障が少なく動きを高次元で学べます。130度の強烈なフィジカルはMOONBOARDやキャンパシングによるトレーニングの形で強くなってもらいます。単純に外岩に行けばこの筋力は増加しますので、普段から外岩優先の人はオーバートレーニングを避けるためMOONBOARDは強さを測るバロメータとしてご利用ください。

 

 

MOONBOARD詳細

クライミング界のカリスマ「Ben Moon」が開発した規格に沿った壁とホールド。サイトに公開された課題を世界中で共有して楽しめるのが特徴。世界中から核心ムーブだけを数多く共有しフィジカルトレーニングの短所である「慣れると効果が薄くなる」を防ぎます。MOONOARDの130度は岩場での着地にそっくりなのでスポット練習にもなります。落下者をマットへ導く、腰落ちしない、着地後のコントロールなどもレッスンすれば岩場でも安心。公開されている世界中の課題に数多く触れてムーブの引き出しとフィジカルを磨きましょう。ただし基本はトレーニングボード。なので異次元の指と体幹を獲得する以上の効果は期待できません。それだけに純粋に登るフィジカルのみを鍛えられるのです。あなたの強さが本当にどこまで通用するのか試してみませんか。 

MOONBOARDの規格

  1. 幅2.4m高さ3.1m 傾斜130度
  2. 縦1~18 横A~K の取付穴
  3. 139種の番号付きホールド
  4. 指定位置と向きでセット
  5. 登って共有する

MOONBOARDの作り方

グッぼる×MOONBOARD


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP