お知らせ

2014 / 12 / 01  00:04

コンドロイチン グルコサミンの信頼できる論文

よくある質問。グルコサミンコンドロイチンは効きますか。

個人的にはMSMを加えて多めに摂取すれば効くと説明します。論文も賛否あるが否定の根拠が「痛みの感想」なので改善とは別。効いて登れる人が多い事実は変えられません。試してみる価値はあります。裏付けを待てる人は待ちましょう。

 

服用量の目安ですがグルコサミン1.5gコンドロイチン1.2gMSM0.5gが最低量となるため、市販の推奨量の倍以上となります。市販の推奨量を守り「量が少ないと効かない」状態で非を訴える方が多く困っています。きちんと調べましょう。

 

世界の医学論文が掲載されるPubMedで探してみました。論文とは証明の機会であって真実ではないと思います。それだけに差別化を図るには良いツールが埋まっているものです。

結果ですが「効くかもしれないが効かないかもしれない。どちらにしても悪影響は今のところない」となりました。現在でも専門誌で双方かなりの数の論文が発表されています。裏付けを待てる人は待ちましょう。

以下は効く結果の出た論文です。プラセボ効果観察者バイアスはない2重盲検法です。私は信頼できると思います。参考にしてください。

 

変形性膝関節炎患者がコンドロイチン硫酸800mgの2年間毎日摂取で痛み改善

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19180484?dopt=Abstract

膝変形性関節症患者がコンドロイチン硫酸・塩酸グルコサミン・アスコルビン酸マンガンを併用した製品で痛み改善

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10050562?dopt=Abstract

 

今回、ロクスノで取り上げて頂いたことで皆さんが疑問を持ち、「声が大き方へ導かれてしまい自身の考えを持たない」現象や同調圧力を少しでも改善できている事に大変感謝しております。サプリは特に勘違いを招きやすい分野です。でも私達の体は「食べ物」でできています。とても大切な事です。惑わされることなく自身で選択してください。

 


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP