お知らせ

2016 / 12 / 02  12:08

★指と肩の改善アプローチ(無料要予約) - 痛みを根底から治そう

指と肩の改善アプローチ(無料要予約) - 痛みを根底から治そう

指の障害や変形と肩周りの痛みを治しましょう。痛みに耐えてテーピングをサポートに使うのは最善の方法ではありません。グッぼるでは根本的な素因に着手しアドバイスします。ジムに来てご相談ください。悩み解決の糸口になれると思います。20分程度無料。予約なしでもOKですが、混雑時などはお断りする事がございます。予約して頂くと確実に対応させて頂きます。

予約はこちら http://goo.gl/UnzeSa

 

 

指の改善アプローチ

症状と原因

  • 手首テーピングで痛みをボカしてる
  • 指の第二関節の変形がヒドい
  • 第一関節だけでぶら下れない

第二関節を曲げると途中の関節(手首と指)に過大テンションで少し動くだけでも腱鞘が傷つきます。さらに手のひらが壁から離れ横振れテコにより第二関節の変形を引き起こします。カチ持ちは中断し第一関節曲げに移行しましょう。第一関節の曲げにより耐えられる加重はそれ以外の2倍以上。手のひらが壁に隣接していて横振れに強く手首負担が少ない。更に肩関節を回す事によりショック吸収と指と手首を最善の位置に固定出来ます。

改善方法 

  1. 痛みの出る変形箇所を目視で判断する
  2. 理想のフォーム「アングルフックでの引上げ」をアドバイス
  3. 理想と比較して故障原因となる箇所を指摘
  4. 第一関節のみ曲げて指屈筋を調整するゴムチューブストレッチ
  5. ゴムチューブを使った強化トレーニング
  6. 7mmジブスロック時間で強化進度を測る
  7. 理想的な休息とマッサージとサプリメント 

 

 

肩の改善アプローチ

症状と原因

  • 肩が上がらない。力が入らない。
  • 肩に力を入れると背中が痛くなる。
  • 常に肩が凝っていてイライラする 

インナーマッスルを鍛えずに振り子を多用したムーブを行っていると、過負荷により筋肉や繋ぎ目が炎症したり切れてしまいます。インナーマッスルのような普段使わない筋肉は協調するように動ける動作トレーニングが必要です。アウターに頼りすぎてバランスが取れず骨との衝突や挟み込みなどで傷つくと深刻です。この場合は肩を回すと全周に痛みを感じます。すでに痛みを発症しているのに同じ動きで悪化させてしまったいるケースが多くあります。筋トレなどで強化してしまうのは最悪です。断裂の危険が増大します。首周りの神経が狭窄してる時はマッサージによる血行促進が必要です。これは腕を上げるスポーツでは鎖骨が首を圧迫するので必ず起きます。

改善方法 

  1. 痛みの出る変形箇所を聞き取りと触診で判断する
  2. 理想のフォーム「片手ラングぶら下がり5セット」をアドバイス
  3. 理想と比較して故障原因となる箇所を指摘
  4. 第一関節のみをかけてローテーターカフを調整する肩旋回スリングストレッチ
  5. ガストンワイド懸垂を使った強化トレーニング
  6. ワイドジブスロックの時間で強化進度を測る
  7. 理想的な休息とマッサージとサプリメント
2016 / 12 / 02  08:45

グッぼるオンライン - 先行予約と試履き交換

「先行予約」と「試履き交換」は無料サービス

シューズの新製品は「店頭試し履き」が基本です。しかしそのチャンスは皆さん平等ではありません。忙しい方や近くで試せない方も多いはず。実際「ジーニアス」は発売決定後すぐに「とにかく予約したい」との要望メールが多かったにもかかわらず「プレオーダー不足」で皆さんに行き渡らなかった努力不足を反省させられました。そんな不平等にグッぼるは「先行予約」と「試履き交換」で対応。予約した靴が合わなければ「他のサイズでもシューズでも無料交換」いたします。多くの方が新製品を手に入れ、最新技術を体感し、不可能な課題に挑戦してもらいたい。それが一番大切なことだと考えています。

試履き交換について http://goo.gl/F9B4pP
先行予約について http://goo.gl/q8ehE7

 

「先行予約」と「プレオーダー」について

ボルダリング人口の増加と共に開発ピッチも上がり新製品サイクルがずっと早くなっています。不可能が可能になる製品には感動さえ感じます。ですが「良いものを吟味して買いたい」お客様を悩ませてもいます。季節毎に「展示会」などの小売店向け受注会がありプレオーダーの形でメーカー予約します。これは製造数を把握し材料を無駄なく配置、高品質で予定日に届ける仕組みです。この時点で入荷数が決まってしまうのです。入荷は3ヶ月~10ヶ月先ですので売れ残りを心配して大抵のジムは少な目に注文しまうのため欲しい数をお届けできません。グッぼるでは「先行予約」のアクセス数やイイね!から適正数を予想してプレオーダーします。欲しい新製品は「予約購入する」をクリックしてくだされば、入荷日に最速で発送する努力をいたします。

グッぼるオンライン先行予約 https://goo.gl/q8ehE7

2016 / 12 / 01  12:10

★グッぼるトレーニング - コンディショニングはゾーン管理で

コンディショニングはゾーン管理で

  1. 緊張・興奮レベルが必要以上に低いとプレーに集中することができなかったり、諦めの感情が芽生えたり、投げやりになったりと、マイナスのパフォーマンスにつながってしまいます。
  2. 緊張・興奮レベルが「ゾーン」状態にあると集中力が最も高まりベストなパフォーマンスへと導かれます。
  3. 緊張・興奮レベルが高すぎると、焦りや力みが生じて身体が硬直したり、頭の中が真っ白になり、自分をコントロールできなくなります。

  

ベストパフォーマンスを引き出せる状態「ゾーン」を保つには

「ゾーン」を保つためにはメンタルトレーニングが有効です。メンタルトレーニングの方法は3つ。

  1. 目標を設定する
  2. イメージトレーニング
  3. メンタル日誌をつける

・身体のコンディション(朝の目覚め・熟睡度/起床時の疲労回復度/体調/食事など)

・練習状況(練習強度/練習への意欲/技術的調子など)

などと共に、メンタルコンディションを記録し、状況を振り返りながら自分がどんな精神状態だったかを振り返るためのデータにするというもの。メンタルの大きな波動が認識できるようになり、メンタルコンディションのピークを本番当日に調整するために活用できます。

 

メンタルと睡眠は密接に結びついている

「メンタル日誌」で記録する身体のコンディションの中で、「朝の目覚め」や「熟睡度」、「起床時の疲労回復度」などの項目が挙がっているように、睡眠と「ゾーン」はとても深い関係のよう。2011年に発表されたスタンフォード大学の研究では、バスケットボール部の選手に5~7週間、通常より約80分~110分ほど長い1日10時間睡眠を推奨したところ、フリースローの成功率や、ダッシュ走の記録などが上がったそう。さらに、やる気や集中力は向上し、緊張感や倦怠感といったネガティブな要素は下がる結果になったとのこと。パフォーマンスだけでなく、メンタルにも睡眠が深く関係していることがわかります。この発表以降、アスリートにとって睡眠はトレーニングと同様に大切なものと捉えられるようになりました。


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP
1 2 3