お知らせ

2016 / 09 / 30  18:36

グッぼるサポートクライマー 亀山選手がアジアユース2位

グッぼるサポート亀山選手がアジアユース2位と大健闘。優勝は逃したものの1完登差。本人曰く「勝ちを意識して自滅しました」と、かなり悔しがっていました。まだまだ若い。ナゼ登るのかを自問自答する時間はたっぷりあると。いずれにしてもまだまだこれから。弱点とメンタルに向き合うこともクライミングの面白さ。結果が全てではなく「何を得られたか」で未来は決まります。しかし、かなり良い登りができていたのも事実。次の世界ユースに弾みがついたと考えればいい経験だっと思います。大学との両立で練習量が少な目でしたし、やれる事をかなり残しての出場だったため、仕上がりは100%とはほど遠かったはず。

次はいよいよ今年本番の世界ユース。ユース最後の年で「世界一」になって欲しいと願うばかり。店長トレーニング指導はもちろん、グッぼるとしても精一杯の応援ができればと思っています。

今後のトレーニングの目標は3つ。完璧な「ポステリアキネティックチェーン」を身につけ、ロックの左右差をなくし、強力なぶら下がりをマスターする。来年のワールドカップ出場に向けできることはすべてやりたいと思います。 

IFSCアジアユーステヘラン 亀山凌平2位 https://goo.gl/03Lq6a

世界ユース日本代表 https://goo.gl/S6crSU

亀山凌平 成績一覧 https://goo.gl/nCwHZb

グッぼるサポート https://goo.gl/uGRtcW

グッぼるユース https://goo.gl/Q2vFys

 

※ポステリアキネティックチェーン

クライミングの動作では加速とブレーキが重要。この身体能力の向上にはポステリアキネティックチェーンを理解し鍛えていきます。ポステリアキネティックチェーンとは後ろ側の筋肉群である脊柱起立筋群・大殿筋・ハムストリングスなどをしなやかに使った動作を指します。これらの筋肉は身体を加速させる筋肉であると同時にブレーキをかける筋肉でもあります。背面のしなりによる大きなチカラで加速したあと、ホールドキャッチを安定させる制動力を生み出せる基本概念です。トレーニング方法はファンクションで強度を上げ、神経関連動作を行い、最後にニュートラルで終わります。スクワット・デッドリフト・RDL・ランジなどを行いながら、登りに転化、最後にアジリティーを鍛えます。

グッぼるトレーニング https://goo.gl/8ZyzwT

2016 / 09 / 29  18:50

グッぼるサポートの亀山選手がアジア・世界ユース代表選手に内定

亀山選手予選1位です。予選リザルト https://goo.gl/xjGGnz

IFSCアジアユーステヘラン ジュニア予選 亀山凌平1位 https://goo.gl/03Lq6a

 

グッぼるサポート亀山選手がアジア・世界ユース代表選手に内定しました。最近はトレーニングもテーパードに入りつつ追い込みです。日々調子も上がってきています。応援よろしくお願いします。 

アジアユース代表 https://goo.gl/BUkzcY

世界ユース代表 https://goo.gl/S6crSU

グッぼるサポート https://goo.gl/uGRtcW

2016 / 09 / 19  19:23

次店舗計画中 - スタッフが内定

以前より募集をしておりました新店舗のスタッフですがたくさんの応募より面接の結果、2人を採用することになりました。

新スタッフは、セット技術習得、次店舗提案、顧客アドバイススキルなどまだまだやることは多いと思います。しかしグッぼるでは「良いクライマーを育む」のにスタッフの思考と品格が最も重要だと考えています。そのためにも長い研修期間が必要です。皆様に一人前にアドバイスできるように指導して行きますので、新スタッフには愛を持って接していただければ幸いです。

済 スタッフ募集 http://goo.gl/ppRQTK

 

次店舗の近江八幡ですが、着々と計画は進んでおります。オープン日はまだ未定ですが今後も順次ご報告いたします。米原店は、駅前で計画しているためかなり大きなものになる予定です。少々お時間がかかると思います。これも決まり次第ご報告致します。

グッぼる次店舗計画中 - 近江八幡・米原 https://goo.gl/lqSLjn

2016 / 09 / 17  19:32

BJCが予備予選を実施 - 2016年1月28日29日

多くのボルダリング選手が目標としている大会「ボルダリングジャパンカップ(BJC)」が参加者オーバーのため予備予選を行うことになりました。この一般参加選手選考会(予備予選)へ参加し、男子60位、女子30位以内に入ることがBJC参加の要件となります。選手がここまで多くなると仕方がないことですが、費用や日程調整に対応が必要になり、以前のように気軽に大きな大会に参加できなくなったのは残念です。今後も競技人口が増加しこのような仕組みが導入されると思いますので、ネットでの告知や日程調整に注意を払わなくてはなりません。特に若年層の父兄の方は情報収集スキルも必要になってきました。なにかよい情報サポート方法を考えなくてはと思っております。

 

------以下告知引用-------

(公社)日本山岳協会では2017年1月28日〜29日に東京、代々木第2体育館で開催予定の第12回ボルダリングジャパンカップ(以下BJC)に際して、優先出場権を持たない一般からの出場選手を選考するために、BJC一般参加選手選考会(予備予選)を実施することとなりました。優先出場権を持たない選手は、この一般参加選手選考会(予備予選)へ参加し、男子60位、女子30位以内に入ることが、BJC参加の要件となります。開催要項(予定版)は以下を参照願います。 PDF版要項はここからご覧いただけます。

 
ボルダリング ジャパンカップ 2017 BJC一般参加選手選考会(予備予選)
 
開催要項(予定)
 
主催
公益社団法人 日本山岳協会
主管
埼玉県山岳連盟、深谷クライミングヴィレッジ(カゴハラゴルフ)
会場
深谷クライミングヴィレッジ
競技規則
IFSCの定める競技規則による(一部異なる部分があります)
参加資格
2017年12月31日までに16歳以上となる選手登録済の者
第12回ボルダリングジャパンカップ2017優先出場権(本選考会に出る必要がない選手)
※優先出場権をもつ選手のリストは後日公開される予定です。
・第11回ボルダリングジャパンカップで準決勝進出した選手
・第2回全日本ユース選手権ボルダリング競技大会において、各カテゴリーで3位以内に入賞した選手
・2016年日本代表選手及び2016年IFSC枠保有選手(いずれも成年ボルダリング種目を対象とする)
 
参加できない者
優先出場権を持つ選手・選手登録が未だな者・2002年以降生まれの者は参加できません。
定員予定
男子150名、女子100名程度
日程予定
12月10日(土) 9:00~9:30 女子受付
10:00~14:00 女子予備予選
12月11日(日) 9:00~9:30 男子受付
10:00~16:00 男子予備予選
競技方式
IFSCルールの予選形式による5課題(ベルトコンベア方式)
  (参加人数により課題数・ボーナス数が変更になる場合があります)
BJC出場権
今大会での成績上位男子60名、女子30名が2017年1月に開催される第12回ボルダリングジャパンカップの一般参加出場権を獲得することができます。
(男子61位・女子31位以下の選手は、出場権獲得選手にキャンセルが出た場合などに、順位に応じ、繰り上げ出場の可能性があります)
参 加 費 10,000円
申込方法
本協会WEBSITEを通じて申込を受付予定/p> 
※大会の詳細確定までいましばらくお待ちください。詳細決まり次第適宜情報をUPしていく予定です。
※また上記情報は9/8現在のものであり今後変更の可能性があります。
2016 / 09 / 17  13:46

グッぼるユース(定員10名)のコーチ料を無料に - グッぼるサポート

グッぼるユース

グッぼるサポートの一環としてグッぼるユースのコーチ料を無料にしました。キチンと店長が個別メニュー作成やコーチを行いますが料金は頂きません。やる気のある子供たちをクライマーとして育むために応援します。定員は10名です。一貫性のある強化のため、週1回の練習はもちろん、最適なコンディショニング、ピリオダイゼーション、コンペ前テーパードなど細かな調整は必須なため「継続月会員」が条件となります。グッぼるユースの前段階として「グッぼるキッズ」をご利用ください。もちろん普通に通って頂いても上達に合わせてアドバイスはいたします。気軽にお声がけください。

成長期のクライミングボディーを専門的に強化。メニューに沿って個別指導いたします。コンペトレーニングなども含む個別スモールステップアップで実力に合わせた指導が可能です。グッぼるは個人主義。ノルマはあっても叱る事はありません。意識の高さは己でキープしなければなりません。勝てる選手は本人の努力が100%。

  • 対象:小学1年から19歳
  • 条件:継続月会員。黄色課題を5本以上登れる。大ラングに1分ぶら下る。
  • 日時:毎週 火曜 金曜 ※事前連絡日にも調整可能
  • 料金:無料 ※グッぼるサポートクライマー事業
  • 定員:10名 ※空きができれば募集

 

グッぼるユースになったらやることリスト

  • 目標を書いてグッぼるに掲示、常に意識して練習する
  • 他のコーチにグッぼるユースであることを表明しておく
  • 練習日はコーチより先に挨拶をする
  • 練習日を前もってSMSで知らせる
  • コンペやツアーのスケジュールをSMSで知らせる
  • 体重管理は親子で協力して行い、体重を測りBMIを毎回報告する
  • コンペでは所属ジムをグッぼるとしグッぼるステッカーを貼る

 

トレーニングメニュー 

最大トレーニング時間:18時間×20/年齢/週3日

トレーニングの割合:壁動作3:筋トレ1

1.ウォーミングアップ・・・壁トラバース10〜20分
2.ストレッチ・・・能動ストレッチ/ダイナミックストレッチ 10分
3.壁動作トレ・・・ムーブ指導/3連続トライ/リバース/片手/エアリアル/V字100手/擬似ベルコン
4.弱点克服・・・最弱のためのファンクション2種
5.基礎サーキット・・6種6~10回3セット プル/プッシュ/腹筋/体幹/片足/懸垂/背筋
6.オールアウト・・・バー懸垂・指懸垂・スクワット・ジャンプ・アジリティ

Facebookグッぼるユース https://goo.gl/y14Fbd

グッぼるユースの問い合わせ http://goo.gl/UnzeSa

グッぼるユースの様子 https://goo.gl/wcxe5f

グッぼるユースメニュー http://goo.gl/uaRDFU 

 

グッぼるサポート

「クライミングで得た利益を若手の育成に還元する」

日本で初めてクライミングジムが活動費用をサポートします。今の日本はクライミング大国と言えます。クライミングジムが450件を超え多くのクライマーが誕生しています。岩の最高グレードにすべてをかけるボルダラーや実績を積み世界へ飛び出す若手コンペティターなど多様なクライマーも多く誕生しています。ですが世界大会の渡航費は1大会25万以上、国内大会でも1大会2万~8万とかなりの負担なのが現状です。さらに練習時間を捻出するために職業も制限を受けていましい、充分な収入のあるクライマーはほとんどいません。「もっと強く高みを目指して欲しい」と希望するだけでクライミングジムは何も協力できていないのではないでしょうか。可能性のあるクライマーの未来をのために、創意工夫し、収益の一部でサポートできればと考えました。

クライマーには登るための時間が必要です。そのために大学生なら学校近くに下宿し近くのジムへ通います。社会人が仕事を辞めジムに就職したりします。運良くそのジムがトレーニングや高グレードトライに寛容であれば充分な練習が可能です。が、そうでなければ(そうでない場合が多い)結局のところ練習はできません。時間はどんどん減ってしまいます。経済的負担が増え登ることを諦める選手もいます。合理的と考えてクライミングジムでバイトを始めたとしても、顧客優先である商用ジムでは「強いアルバイト」が自由に登れるはずがありません。お客様の邪魔になったり、なにより課題やホールド自体が適切ではありません。そんな若手クライマーに登る時間を捻出できる最低限の渡航費用などをサポートをしたいと考えました。ユース(6歳~19歳)のコーチ料を無料にするサポートも始めました。子供たちの可能性を伸ばす応援を積極的にグッぼるはやっていきます。

グッぼるサポート https://goo.gl/uGRtcW


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP
1 2