グッぼるサポート

160805021029-57a3770565177.png

お知らせ

2017/04/21 グッぼるスイスイタリアツアーでの成果がCLIMBING-net/山と溪谷社の記事に https://goo.gl/se8s6I

2017/03/29 スイスキロニコにて boogargga 8b 完登

2017/03/28 スイスキロニコにて shadowfax 8b 完登

2017/03/22〜4/21 グッぼるツアースイス2017 イタリア2017開始 https://goo.gl/8N1rR2

2017/03/11~12 THE NORTH FACE CUP 2017 Division1 11位亀山凌平 リザルトhttps://goo.gl/77gbjJ 

2017/03/04~05 スポーツクライミング日本選手権リード競技大会2017 21位亀山凌平 リザルトhttps://goo.gl/olC4hc 

2017/01/28 第12回ボルダリングジャパンカップ2017 18位亀山凌平 リザルト https://goo.gl/5fxamU

2016/12/10 ドクターエアによるサポートの決定 亀山凌平 グッぼるサポート亀山選手×ドクターエア https://goo.gl/dHRc24

2016/11/13 IFSCワールドユース広州 ボルダリング決勝7位亀山凌平 IFSC WorldYouthリザルト https://goo.gl/PPAuft

2016/11/09 IFSCワールドユース広州 リード予選10位小島果琳 IFSC WorldYouthリザルト https://goo.gl/87IQhg

2016/11/08 IFSCワールドユース広州 リード予選4位小島果琳 IFSC ハイライト動画 https://goo.gl/XXgZoN

2016/09/28 IFSCアジアユーステヘラン ジュニア 亀山凌平2位 https://goo.gl/03Lq6a 

2016/09/01 グッぼるサポート活動。グッぼるユースコーチ料を無料に グッぼるユース http://goo.gl/Q2vFys

2016/08/12 IFSCワールドカップミュンヘン41位亀山凌平 海外初参戦。帰国直後グッぼるトレーニングhttp://goo.gl/It947T

2016/07/01 グッぼるサポートクライマーが亀山凌平選手に決定。世界進出を応援していきます。http://goo.gl/R9Hf0u

...過去のお知らせ

 

 

グッぼるサポート

「クライミングで得た利益を若手の育成に還元する」

日本で初めてクライミングジムが活動費用をサポートします。今の日本はクライミング大国と言えます。クライミングジムが450件を超え多くのクライマーが誕生しています。岩の最高グレードにすべてをかけるボルダラーや実績を積み世界へ飛び出す若手コンペティターなど多様なクライマーも多く誕生しています。ですが世界大会の渡航費は1大会25万以上、国内大会でも1大会2万~8万とかなりの負担なのが現状です。さらに練習時間を捻出するために職業も制限を受けていましい、充分な収入のあるクライマーはほとんどいません。「もっと強く高みを目指して欲しい」と希望するだけでクライミングジムは何も協力できていないのではないでしょうか。可能性のあるクライマーの未来をのために、創意工夫し、収益の一部でサポートできればと考えました。

クライマーには登るための時間が必要です。そのために大学生なら学校近くに下宿し近くのジムへ通います。社会人が仕事を辞めジムに就職したりします。運良くそのジムがトレーニングや高グレードトライに寛容であれば充分な練習が可能です。が、そうでなければ(そうでない場合が多い)結局のところ練習はできません。時間はどんどん減ってしまいます。経済的負担が増え登ることを諦める選手もいます。合理的と考えてクライミングジムでバイトを始めたとしても、顧客優先である商用ジムでは「強いアルバイト」が自由に登れるはずがありません。お客様の邪魔になったり、なにより課題やホールド自体が適切ではありません。そんな若手クライマーに登る時間を捻出できる最低限の渡航費用などをサポートをしたいと考えました。ユース(6歳~19歳)のコーチ料を無料にするサポートも始めました。子供たちの可能性を伸ばす応援を積極的にグッぼるはやっていきます。

 

 

グッぼるサポートクライマー 亀山凌平選手

以前より募集しておりましたサポートクライマーが決定しました。全日本ユースボルダーチャンピオンの亀山凌平選手です。大学生活を送りながらコツコツと体を作り、コンペに出場。今年に入り大きな大会での優勝や岩での成果、ワールドカップ出場など確実に強くなってきています。高校時代は「無冠の・・」と揶揄されるくらい、上位には食い込むものの、成績は振るわず悩んでいた時期もありました。彼のトレーニングアドバイスをするようになったのはちょうどその頃でした。見た瞬間、「アジリティーとパワーのバランスが崩れてる」、「いまのままで弱点補強のみで強くなる」と判断しました。グッぼるユースとして月2回のペースでトレーニングに通ってもらいました。当時は大学受験のために十分な時間も取れないにも関わらず時間を見つけては遠いグッぼるまで通ってくれました。基礎トレーニングはかなりキツかったと思います。無事に大学に合格してからはアイソキネティックの強化、新しいタイプのホールド対応やコンペの複雑な動きに順応させるため、グッぼるの壁を思考錯誤し改良しました。1年目にはかなり動きとメンタルが合ってきて結果も出せるようになりました。とても素直な性格は全体性と意識性に優れており、メキメキと課題をこなしてくれました。現在でもそれは続いていてメニューの数は20を超えています。そんな彼は日本でも世界でも大きな大会に出場し優勝する夢を持っています。クライミングと学業を両立するために今後も時間とお金と環境が必要です。登るための時間の捻出、海外ツアーの費用、毎日のトレーニング環境。どれをとっても並大抵の努力ではまかないきれません。世界を目指す彼の少しでも力になれればと考えサポートをするに至りました。みなさんも応援よろしくお願いします。※2016年12月よりマッサージロールで有名な「DocterAir」のスポンサードが開始。グッぼるがマネージメント。今後もたくさんの企業からのスポンサーのお話をお待ちしております。

亀山凌平 成績一覧 日本スポーツクライミングカウンシル

 

DoctorAir×亀山凌平 https://goo.gl/dHRc24

 

亀山凌平選手の今後の予定 

  • 08/12 ワールドカップ ドイツ大会
  • 10/06 アジアユース イラン
  • 10/07~09 岩手国体
  • 11/07~13 世界ユース 中国 

 

亀山凌平選手のインタビュー動画

亀山凌平選手の完登動画

亀山凌平選手の主な戦績 

国内大会

18位 第12回ボルダリング・ジャパンカップ2017(日本)2017年1月28日 〜 29日

1位 全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 2016倉吉(日本)2016年5月14日 〜 15日

18位 2016クライミング日本選手権印西(日本)2016年3月26日 〜 27日

5位 全日本クライミングユース選手権リード競技大会2016印西(日本)2016年3月26日 〜 27日

9位 第11回ボルダリング・ジャパンカップ加須(日本)2016年1月30日 〜 31日

5位 第18回JOCジュニアオリンピックカップ大会南砺(日本)2015年8月14日 〜 16日

6位 第17回JOCジュニアオリンピックカップ大会南砺(日本)2014年8月2日 〜 4日

30位 第28回リード・ジャパンカップ大村(日本)2014年6月7日 〜 8日

3位 クライミング・日本ユース選手権2014印西(日本)2014年3月22日 〜 23日

20位 第9回ボルダリング・ジャパンカップ静岡(日本)2014年2月22日 〜 23日

3位 第16回JOCジュニアオリンピックカップ大会南砺(日本)2013年8月10日 〜 12日

21位 第27回リード・ジャパンカップ東久留米(日本)2013年6月1日 〜 2日

6位 クライミング・日本ユース選手権2013印西(日本)2013年3月30日 〜 31日

19位 2012クライミング日本選手権東久留米(日本)2013年1月5日 〜 6日

10位 JFAユース選手権2012印西(日本)2012年3月24日 〜 25日

5位 JFAユース選手権2009千葉(日本)2009年3月28日 〜 29日

5位 第11回JOCジュニアオリンピックカップ大会南砺(日本)2008年8月15日 〜 17日

国際大会

47位 IFSC クライミング・ワールドカップ (B) 加須 2016加須(日本)2016年4月23日 〜 24日

ジムコンペ 

1位 プレイマウンテンボルフェス 名古屋 2016年06月25日

 

 

関連リンク

Worldcup 2016 男子 年間ランキング

Worldcup 2016 女子 年間ランキング

IFSC競技クライミングルール (国際競技会のルールブック)

 

 

グッぼるユースサポート

グッぼるサポートの一環としてグッぼるユースのコーチ料を無料にしました。キチンと店長が個別メニュー作成やコーチを行いますが料金は頂きません。やる気のある子供たちをクライマーとして育むために応援します。定員は10名です。一貫性のある強化のため、週1回の練習はもちろん、最適なコンディショニング、ピリオダイゼーション、コンペ前テーパードなど細かな調整は必須なため「継続月会員」が条件となります。

成長期のクライミングボディーを専門的に強化。メニューに沿って個別指導いたします。コンペトレーニングなども含む個別スモールステップアップで実力に合わせた指導が可能です。グッぼるは個人主義。ノルマはあっても叱る事はありません。意識の高さは己でキープしなければなりません。勝てる選手は本人の努力が100%。

  • 対象:小学1年から19歳
  • 条件:継続月会員。黄色課題を5本以上登れる。大ラングに1分ぶら下る。
  • 日時:毎週 火曜 金曜 ※事前連絡日にも調整可能
  • 料金:無料 ※グッぼるサポートクライマー事業
  • 定員:10名 ※空きができれば募集

 

グッぼるユースになったらやることリスト

  • 目標を書いてグッぼるに掲示、常に意識して練習する
  • 他のコーチにグッぼるユースであることを表明しておく
  • 練習日はコーチより先に挨拶をする
  • 練習日を前もってSMSで知らせる
  • コンペやツアーのスケジュールをSMSで知らせる
  • 体重管理は親子で協力して行い、体重を測りBMIを毎回報告する
  • コンペでは所属ジムをグッぼるとしグッぼるステッカーを貼る

 

トレーニングメニュー 

最大トレーニング時間:18時間×20/年齢/週3日

トレーニングの割合:壁動作3:筋トレ1

1.ウォーミングアップ・・・壁トラバース10〜20分
2.ストレッチ・・・能動ストレッチ/ダイナミックストレッチ 10分
3.壁動作トレ・・・ムーブ指導/3連続トライ/リバース/片手/エアリアル/V字100手/擬似ベルコン
4.弱点克服・・・最弱のためのファンクション2種
5.基礎サーキット・・6種6~10回3セット プル/プッシュ/腹筋/体幹/片足/懸垂/背筋
6.オールアウト・・・バー懸垂・指懸垂・スクワット・ジャンプ・アジリティ

Facebookグッぼるユース https://goo.gl/y14Fbd

グッぼるユースの問い合わせ http://goo.gl/UnzeSa

グッぼるユースの様子 https://goo.gl/wcxe5f

グッぼるユースメニュー http://goo.gl/uaRDFU

 

 

グッぼるステッカーと広告の規定

グッぼるサポートクライマー・グッぼるユース・グッぼるキッズはグッぼるステッカー(65mm×54mm)を貼っていただいております。各大会や競技団体で規定が異なりますのでご確認下さい。

IFSC 広告規定

3.4.7 あらゆる用具、衣類は以下の広告規定に従うものとする:

a) ヘッドウエア:製造者名またはそのロゴ;

b) チームユニフォームの上衣とレグウエア:スポンサーのラベル合計 300 平方センチ以内。文字または形象による製造者のロゴ(名称や何らかの文は含まず)は、幅 5cm 以内で細長い形の装飾的な「デザインマーク」で、単一または連続するもの。デザインマークは過度に目立ったり、衣類の外観上見苦しくない限り、下記のいずれかの位置に表示することができる。

i) 袖の一番下に袖に対して横切るように

ii) 袖の外側の縫い目の部分

iii) 衣類の外側の縫い目に沿って

c) チョークバッグ:製造者の名称またはロゴ、及びスポンサーのラベル――合計 100 平方センチ以内

d) 靴とソックス:製造者の名称またはロゴのみ

e) タトゥーなど選手の身体に直接表示されたいかなる広告用の名称、ロゴも、上記にそれぞれ規定された身体部分のサイズ上限に含めて計算するものとする。

国民体育大会 広告規定

 

 

---グッぼるサポートクライマー募集内容。現在は募集しておりません。---

「クライミングで得た利益を若手の育成に直に還元する」

今の日本はクライミング大国と言えます。クライミングジムが420件を超え、沢山のクライマーが誕生しています。実績を積み世界へ飛び出して行きたい若手クライマーも数多く誕生しています。ですが、世界大会の渡航費は1試合25万以上、国内大会でも主要コンペの宿泊交通費の負担はかなり大きいのが現状です。そのためにアルバイトや職業制限を受け充分な練習環境に身を置けるクライマーはほとんどいません。もっと強く高みを目指して欲しいと希望するだけで何も協力できていないのが現状です。団体への寄付や会費では直接選手に有利な条件が届いているかもわかりません。

可能性のあるクライマーの、その未来を見るために自らの海外ツアー分を彼らに回す事だってできるし、創意工夫による収益の一部を回す事だって可能だと思っています。クライマーは登るための時間が必要です。そのために大学生なら学校近くに下宿し近くのジムへ通います。社会人が仕事を辞めジムに就職したりします。運良くそのジムがトレーニングや高グレードトライに寛容であれば充分な練習が可能です。が、そうでなければ(そうでない場合が多い)結局のところ練習はできません。時間はどんどん減ってしまいます。経済的負担が増え結局登ることを諦めます。合理的と考えてクライミングジムでバイトを始めたのですが、顧客優先である商用ジムで「強いバイト」が自由に登れるはずがありません。お客様の邪魔だし、なにより課題やホールド自体が適切ではありません。

そんな若手クライマーに対して登る時間を捻出できる程度のサポートをしたいと考えています。希望に満ちたクライマーを募集します。スポンサーではなくサポートですので制約はほとんどありません。スポンサーやジム勤務の方でも問題ありません。実働はグッぼるサーキットのサブセッターとして年4回お手伝いしてもらうことだけです。もちろんツアーやコンペ優先とし自由に時間を調整できます。

 

優遇措置

国際コンペや海外ツアーの渡航費の一部負担・・・1回ごとに70,000円

公式コンペ優勝時のボーナス・・・1回ごとに国内大会50,000円、国際大会100,000円

グッぼる利用料の免除・・・期間中の利用料をすべて免除

ウエアやギアの優遇・・・グッぼるにて取り扱いの商品は定価の70%で購入できる

トレーニング全般をサポート・・・強化トレーニングを無料サポート

 

資格

クライミングのカテゴリーを問わず実績を残している方

クライミングの主要コンペや国体にて上位入賞している方

岩やコンペの成果を自ら発表し一定の評価を得ている方

公序良俗(公の秩序又は善良の風俗)に違反していない方

 

条件

一年更新 契約書あり

所属ジムをグッぼるとすること

可能な限りグッぼるロゴを身につけて登る

グッぼるサーキットの試登や補助セッターとして参加

グッぼるのコンテンツにのサポートクライマーとして掲載

自身のブログやSNSで成果を発表

 

応募方法

2016年6月30日までに下記の項目を応募先に送信してください。

  1. 氏名
  2. ふりがな
  3. 携帯番号
  4. 生年月日
  5. 主な実績
  6. ブログ・facebookなど

応募先はこちら http://goodbouldering.com/contact

 

決定方法

グッぼるスタッフによる審査と話し合いのうえ決定いたします。決定者にはこちらから連絡いたしますので「契約事項確認書」にサインをお願いします。

 

 

 

過去のお知らせ

2016/11/11 IFSC世界ユース広州 ボルダリング亀山凌平 CMA LIVE中継 http://cmaol.com/

2016/11/09 IFSC世界ユース広州 リード予選10位小島果琳 IFSC WorldYouthリザルト https://goo.gl/qVAYne

2016/11/08 IFSC世界ユース広州 リード予選4位小島果琳 IFSC ハイライト動画 https://goo.gl/XXgZoN

2016/09/28 IFSCアジアユーステヘラン ジュニア 亀山凌平2位 https://goo.gl/03Lq6a 

2016/09/01 グッぼるサポート活動。グッぼるユースコーチ料を無料に グッぼるユース http://goo.gl/Q2vFys

2016/08/12 IFSCワールドカップミュンヘン41位亀山凌平 海外初参戦。帰国直後グッぼるトレーニングhttp://goo.gl/It947T

2016/07/01 グッぼるサポートクライマーが亀山凌平選手に決定。世界進出を応援していきます。http://goo.gl/R9Hf0u


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP