Climbヘルプ

Climbからのお知らせ

●タブレットモードが追加されます。入店時にお客さま自身で簡単に入力してもらえて便利です。年内に無料アップデート予定。利用中のジム様には無料で提供します。現バージョンはクラウドインストールになってますのでそちらにも対応いたします。

●開発中の機能

タブレットモード/顧客セルフ入力

コンペ管理/参加登録/結果記録/結果配信

POSレジ連携/棚卸し対応

 

 

よくある質問への回答

  • 過去に遡って登録ができます。メイン右上のの「入力日」を変更しますと、その日に行った入力となります。起動時は本日です。
  • 商品詳細の期限延長月数に数字を入れれば自動で期限を延長します。この期間内はフリーパスとして処理されます。
  • 回数券も同じく自動で1つ減らし、フリーパスで登録します。
  • 初回登録やビギナーズパックやレンタルなどは「※オプション」で登録するとクリック1つで選択できます。
  • 新規の会員番号は「支店の最大数字+1」からスタートします。手動入力可能で、重複していれば登録できません。
  • 回数券があったり有効期限内の場合は「※フリーパス利用」で自動で利用中となります。「回数券」も自動で減らします。商品管理から商品をダブルクリックして「期限延長月数」「回数券追加数」の設定をしてください。
  • メインの「利用中リスト」に表示したい時は商品管理からダブルクリックで詳細を開き「利用リスト表示」をチェックします。チェック商品は主にグループ「1利用」の商品と「※フリーパス利用」です。顧客の利用回数はこの合計です。
  • 入店出店の時刻はPCに依存しています。このリンクを参考に修正してください。「インターネット時刻サーバーと同期する」を使うと自動で時刻を合わせます。http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/set-clock#1TC=windows-7 
  • 「データベースが壊れています」と表示された場合、ファイルの修復をします。新規の空MDB上で 「外部データの取り込み」をし全テーブルをインポートを試す。http://support.microsoft.com/kb/880303/ja 

  

 

導入手順

●導入手順
1.OneDriveのインストール
Windowsパソコンへ以下のリンクよりインストールして下さい。
導入済みの場合、この作業は必要ありません。
https://onedrive.live.com/about/ja-jp/download/ 

2.クラウドフォルダを作成
フォルダ名「Climb」を新規作成。 
右クリック - その他のOneDrive共有オプション - ブラウザが開く - 宛先に「goodbouldering@gmail.com」を入力 - [共有]をクリック 

3.ファイルの転送後、インストール開始
共有が成功しましたらクラウドフォルダに必要ファイルを転送します。
その中の「インストール.bat」をダブルクリックして下さい。
インストールが開始。デスクトップにファイルが展開されます。 
※この時点で料金が発生します。1ヶ月以内にお振込みをお願いします。

4.Climbを起動
デスクトップのClimb起動をダブルクリックすると起動します。
起動時にバージョンアップも自動で行っています。改良点もすぐ反映されます。

5.運用開始
最初に準備入力を必ず行ってください。
設定→支店管理→商品登録→顧客登録の順に準備入力してください。
設定 - 顧客インポートで一括取込み可能。クラウドフォルダの「インポート.csv」を利用してください。

6.操作方法
詳細な操作方法をオンラインにてヘルプにまとめています。
Climbメイン画面右上にも「Climbヘルプ」のリンクがございます。
Climbヘルプ http://goodbouldering.com/free/climb

 

 

サポート

実際に稼働するまでじっくりとお手伝いします。

1.メールサポート(随時)
ご質問をメールにて承ります。内容を書いて climb@goodbouldering.com までお願いします。2日営業日以内に返信いたします。

2.Skypeサポート(要予約) グッぼる営業日15:00~24:00
音声とカメラで疑問点や利用方法を説明いたします。ご予約をメールにてお願いしております。Skypeアプリより「goodbouldering」に接続してご利用頂けます。 

3.低コスト経営ならクライムコンサルがお手伝い。Climb顧客+Squareレジ+freee会計
顧客管理は「Climb」にお任せして、レジ会計と在庫管理は「Square」が超オススメ。グッぼるでも便利に使っています。もちろんキャッシャーやバーコードもレシートプリンター接続しています。在庫管理も棚卸しもコレだけでOK。モバイルでもカードが使えるしIC付きにも対応。以下のリンクから「Squareアカウント」を作成すると¥100,000分のカード決済が手数料無料になります。オンライン会計freeeならSquareの現金もカードも自動登録され何もすることなく現金出納帳や複式簿記が完了します。導入はクライムコンサルがお手伝い致します。お気軽にご連絡ください。
統合型POSレジ SquarePOS https://goo.gl/AcBOLr 
導入事例 SquareStand http://goo.gl/wWXfPJ
会計ソフトfreee https://goo.gl/2YTf56
クライムコンサル http://goo.gl/qiI2tw

 

 

操作ガイド

Climb共通の操作

●入力操作
Tabを押すと次の項目へ
Shift+Tabで前の項目へ
Windows共通の動きをサポート

●リスト
ダブルクリックで適切な窓が開きます。
リスト外上部の赤い文字は、現在の選択や表示に対して実行するコマンドです。
リスト内上部の各フィールド名をクリックすると並び替えができます。もう一度クリックすると逆に並べ替えます。
リストの出力コマンドはエクセルやテキストに表示している内容を作成します。 


起動.png
起動

 

 


メイン.png
メイン画面

顧客一覧をクリック時に利用一覧を自動選択
利用一覧をクリック時に顧客一覧を自動選択
利用一覧は複数選択可。選択方法はCtrl+クリック や shit+クリック や ドラッグドロップで利用完了
利用一覧の一括選択、選択逆転ボタンを利用すると利用完了の処理が早くできます。

●新規顧客
メインの新規顧客ボタンで登録用に顧客の窓が開きます。
会員番号は支店別で最大番号が自動で割り振られます。
会員番号は任意の数字を入力できます。使用の有無を判断して入力を受付ます。
その後は自動で入力をして行って下さい。フリガナ・住所などは半自動となります。 
最後に必ずOKを押すか、新規作成で次の顧客入力をして下さい。

●新規利用(仮)
急いでいる時は、※仮と顧客名を作成し、利用メニューを表示して作業できます。
自動の会員番号を誓約書に写して顧客と結びつけて下さい。
旧システムでの既存登録者は、すぐに利用上部の顧客データから修正して下さい。自動最大番号が飛んでしまいます。 
必ず後で正式に登録し直してください。

●商品購入
顧客を絞り込んで選択し、利用窓から商品を選択してください。 
同じことが、顧客一覧をダブルクリックし顧客の窓から下部の商品購入ボタンでも出来ます。

●利用追加
基本的には商品購入と同じです。
有効期限を見て、フリーパス利用を判断して、窓を開かない処理を追加しているだけです。

 


検索.png
検索結果

 


顧客.png
顧客詳細

●会員番号
自由に番号を入力できます。既に会員番号を発行している場合に便利です。同一支店内で重複する時は入力できません。新規顧客の追加時には「支店内での最大番号」に自動で1を追加します。

●名前 フリガナ
姓名にスペースは要りません。フリガナが自動で入りますが上手く変換出来ない場合は直接、後で修正してください。「開く」でこの名前のGoogle検索が出来ます。

●生年月日
昭和=S 平成=H で始めます。例えば8月5日は[スペース8 スペース5]か[0805]のように入力して下さい。リストには西暦で表示されます。

●郵便番号
6桁の番号を入力すると自動で住所が入力されます。ハイフンはつけないで下さい。

●緊急氏名 続柄
続柄は自由に入力すればリストに追加されます。ある程度決めておくと良いでしょう。

●Twitter Facebook
アカウント名(@除く)を入力しておくと「開く」でブラウザにこのアカウントが表示されます。

●クライミング スラックライン 開始年
最高グレード、経験年数、目標など自由に使って下さい。入力すればリストに表示されます。

●メール
メールアドレスを入力しておくと「開く」からメールが遅れます。

●初回登録日
何も入力しなければ自動でメイン画面の「入力日」となります。修正も可能です。

●備考
横のチェックボックスでメイン画面の「フラグ」リストに1行目が表示されます。顧客別に忘れ物などのタスク管理に使えます。

●有効期限 回数券残
利用時に自動で更新します。ただしダブルクリックしてパスワードを入力で変更可能となります。会計以外は履歴に残りませんご注意ください。

 


集計.png
利用集計


商品.png
商品管理

商品一覧をダブルクリックすると商品詳細が開きます。 

 

商品詳細.png
商品詳細

●グループ/仕入先
選択して下さい。

●メーカー名
一度登録すると項目が一覧表示されます。プルダウンで選択できます。

●商品名
商品名は昇順で表示されますので番号をつけると便利です。

●メーカー品番
あれば入力して下さい。

●バーコード
あれば入力して下さい。メイン画面や登録画面でバーコード使用の際に便利です。

●仕入先
卸価格や原材料の単価を入力します。

●単価
お客様に請求する価格です。

●利用表示
メイン画面で利用中のリストに表示したい商品だけにチェックしてください。集計時に入店回数として表示されます。

●期限延長月数
数字を入力すると入力日からこの月数分だけ期限を延長します。この期限内であればフリーパスとして自動登録され利用リストに表示されます。

●回数券追加数
回数券を追加する数量を入力します。この顧客の回数券を増やします。この数字が残っていればフリーパスとして自動登録され利用リストに表示されます。利用するとひとつ減らします。

●備考
商品の特徴や使い方、決まりを記入してください。

●登録日
自動で入力されます。

 

 


利用.png
利用入力

 

 

支店モード リモートデスクトップ(RDP)

Windows標準のリモートデスクトップ(RDP)を利用してインターネット経由でPCを操作できます。Windows標準機能ですので費用はゼロ。ルーターの設定が必要です。サポートしますので手順通り進めればそれほど難しくはありません。

●リモートデスクトップ接続 http://goo.gl/Opmrt2
コンピューター 右クリック プロパティ リモートの設定 リモートデスクトップを実行している...をチェック
ルーターのポート開放 ルーター設定 アドレス変換 WANアドレス:ルーター自身 LANアドレス:公開PC ポート番号(両方):3389

●DDNS取得と自動更新アプリ
グローバルIPに名前をつけてくれる無料サービスを利用して支店名を作りましょう。http://ddo.jpへログインすれば使用可能です。
Dynamic DO!.jp - ダイナミックDNS -

フリーソフトのDiCEをインストールすれば常に自動ログインして名前を設定してくれます。Windows常駐なのでIPアドレスの変化に合わせてくれます。設定は「支店名.ddo.jp:パスワード」だけです。
DiCE DynamicDNS Client (自宅でインターネットサーバー)
DDNSへIPアドレスの更新通知してくれる『DiCE』を設定しよう!

●マルチセッションでリモートデスクトップ
ひとつのPCを同時に使うツール。マルチユーザーセッションと呼ばれています。この機能とリモートデスクトップを使えば「Climb」を一台で同時に裏で遠隔操作。支店管理も素早く楽々です。Windows7、Windows8.1、Windows10で動作します。

  • RDP wrapper  https://goo.gl/HokJzy からダウンロードして解凍
  • install.batを右クリックして管理者権限で実行。Sccessfullyと表示されたら成功。
  • RDPConf.exeをダブルクリックして設定(上から説明)
    20150717213711.png

セキュリティモード・・・通常2番。屋内とかLANなら1番。

  1. 1.すべてのユーザを許可 ※ユーザ名とパスワードを必ず設定
  2. 2.接続要求が来たら許可を出す
  3. 3.ネットワーク認証を要求する

セッションモード・・・通常は2番。面倒なのが嫌いな人は1番。

  1. 1.シャドウモードは使わない
  2. 2.ユーザレベルでシャドゥモードを使う
  3. 3.シャドウモードをいつも使う
  • 設定が完了したらApplyボタンを押す
  • 他のPCからリモートデスクトップ接続

 

 

クライアントモード(LAN)

ローカルエリアネットワーク(LAN)内であれば、「PC10台まで同時」にClimbが動作します。この機能によりタブレット入力が利用できます。Windowsの標準の機能ですのでコストはゼロ、プロパティ設定が必要ですが、サポートしますので手順通り進めれば簡単です。

●フォルダを共有

最初にインストールしたPCで「C:¥Climb」フォルダを右クリック。プロパティ 共有 詳細な共有 このフォルダを共有するをチェック 共有名 Climb$ 追加 アクセス許可 追加 evreyone 追加 フルコントロール OK

※共有先が開かない場合

ClimbDB.mdbを共有サーバーに設定を試す

   Access オプション ツール オプション 詳細

      既定の開くモード 共有

      規定のレコードロック 編集済みレコード

      レコードレベルでロックして開く オン

   リンクテーブルを設定 外部データの取込 テーブルのリンク フォルダ選択 ファイル選択 データ選択

      http://support.microsoft.com/kb/882219/ja

 


無断転載はご遠慮ください。 ●OGP